You are here

研修カリキュラム

カリキュラム詳細を掲載しました!(2016.08.17) ↓

 
研究会で実施する実習の内容と、関連する座学が、コースごとに異なります。以下を参考の上、参加研修会をお選びください。
 
実習

実習項目 鳥獣被害対策コーディネーター育成研修 地域リーダー(森林)育成研修 内容
広域・防護
計画策定コース
捕獲
計画策定コース
技術習得
(防護専修)コース
技術習得
(捕獲専修)コース
技術習得
(総合)コース
野外 生息状況と被害状況の調査 ●*1 詳細
防護柵・ネット等の設置現場での解説 ●*2 詳細
防護柵またはネットの設置実習
くくりわなの設置実習 詳細
銃猟実施時の注意点等の解説
夜間のシカ出没調査実習 詳細
室内 受講者によるショートプレゼンテーション 詳細
グループディスカッション 広域計画の策定 詳細
グループディスカッション 防護計画の策定
グループディスカッション 捕獲計画の策定

*1: 捕獲計画策定コースでは生息状況の調査が主となります。
*2: 開催地によっては、実施されないこともあります。開催地の研修スケジュールをご確認ください。
 
 
座学
 座学では、講習テキストに沿って、以下のような内容を習得します。コースによって、重点的に扱う内容が異なります。

  • 鳥獣被害対策の基本的な考え方等
  • 防護による被害対策等
  • 捕獲による鳥獣被害対策等

 各コースで実施する座学および実習項目については、各研修会ページで紹介いたします。
 

Theme by Danetsoft and Danang Probo Sayekti inspired by Maksimer